富山のシステム開発・Web制作会社

LaravelとBackpackで管理画面を爆速で構築する

Laravelで管理画面を構築するライブラリで有名なのはLaravel NovaLaravel-adminだと思います。
Laravel Novaの作者はLaravel開発者のTaylor Otwell氏で、UIも綺麗でドキュメントも整っているため人気ですが、有料なためちょっとしたプロジェクトでは使いづらい場合があります。
Laravel-adminは無料ですが、メンテナンスが今後も続くか不透明なため業務で使うのは不安です。

そんな中、お金も手間もかけずに管理画面を生成したい場面があり、手頃なライブラリが無いか探していたところ見つけたのが Laravel-Backpack です。
Laravel-Backpackは長くメンテナンスされており、無料で利用できます。

今回は既にLaravelプロジェクトが作成されている前提で、Laravel-Backpackをインストールする手順と、簡単な管理画面の生成についてご紹介します。

Laravel-Backpackのインストール

composerでLaravel-Backpackをインストールし、Laravel-Backpackが用意したインストーラーで設定ファイル等をインストールします。


composer require backpack/crud
php artisan backpack:install

インストールが完了すると、「Add an admin user? (yes/no) [no]:」のようなメッセージが表示され、ユーザーを作成するか聞いてきます。
ユーザーを作成する場合は「yes」を入力してEnterすると、名前やメールアドレスなどの入力が求められ、ユーザーの作成が完了します。

管理画面にログイン

上記の手順にて管理画面のログイン、ダッシュボードが既に利用可能になっているので確認します。

  1. http://localhost/admin/にアクセス(localhostは環境によって適宜変更)
  2. インストール時に作成したユーザー情報などを入力してログイン

次の画像のようなダッシュボードが表示されたら成功です。

Laravel-Backpack Dashboard

ユーザー管理画面を生成する

次にユーザーの管理画面を生成します。
コマンドで次のように入力、実行します。


php artisan backpack:crud user

処理が終わった後にブラウザの管理画面を再読み込みしてください。
左のメニューに「Users」が追加されていると思います。
「Users」をクリックし、次のような画像が表示されたら成功です。

Laravel-Backpack Users

管理画面に項目を追加する

ユーザーの項目を追加する方法や、画像アップロードに対応する方法について、別の記事にまとめました。
よろしければそちらもご確認ください。

LaravelとBackpackで構築した管理画面をカスタマイズする

まとめ

Laravel-Backpackのインストールと、ユーザー管理画面の生成方法について紹介しました。
インストールも管理画面の生成もコマンド1つで行えるため非常に簡単でした。
別に記事ではテキスト項目の追加や画像アップロード項目の追加方法もご紹介しています。
もっとLaravel-Backpackを活用されたい方はご覧ください。

この記事を書いた人
Chief Technology Officer

よく読まれている記事

TensorFlow Lite Model Makerでカスタムモデルを作成する

LaravelとBackpackで構築した管理画面をカスタマイズする

【CSS】コンテンツ量が少ない時だけフッターを下部に固定する方法

LaravelとBackpackで管理画面を爆速で構築する

アクセス数バク上がり!MARBLEのアクセス数増加方法を大公開!

Flutter SDKのバージョンをプロジェクト別に指定する

メタバースとWEB3.0について

Laravel TelescopeとTelescope Toolbarで効率よくデバッグする

Safariでclamp()が効かない場合の対処法

【サンプルあり】今すぐ使える!便利な比較関数 min() max() clamp() のお話

関連記事

LaravelとBackpackで構築した管理画面をカスタマイズする

Laravel TelescopeとTelescope Toolbarで効率よくデバッグする

LaravelとScribeで効率的にAPI仕様書を生成する